医療訴訟の難しさ

医療訴訟では実際に裁判を起こすことになったとしても、それに勝つことは難しいです。家族が命に関わる病気にかかってしまい、そこで誤診を受けたり、事故を起こされてしまい、それが死亡してしまったとしても、明らかに医師の過失だと患者側が判断したとしても、敗訴することがあります。

まず、一般の方が考える医師の過失と、裁判所が考える医師の過失には差があります。患者にとっては必要な治療を選択しなかった時点で過失があると判断します。
しかし、実際には、医師が選択した治療が標準的なものであれば、たとえ他に良い治療方法があってそちらを選択しなかったとしても、過失は認められないケースが多いです。

また、医療行為は非常に専門性が高く、過失の立証をすることは他の事件と比べて難しいという事情があります。
患者側が協力医を連れて証言をさせようとしても、基本的に医師は医師をかばおうとする傾向があります。特に過失の判断が難しい裁判においては、医師は将来自分も同じような訴訟に巻き込まれるかもしれないと考えるため、医師をかばおうとするのは仕方のない面もあります。

医療の特徴として専門性が高い点と閉鎖性が強い点があり、この二つによって医療訴訟は難しくなっています。

普通の裁判との違い

医療訴訟に関する裁判は普通の裁判とどこが違うのでしょうか。基本的な裁判の流れは特に変わった点はありません。患者側は弁護士を雇い、医療機関側も弁護士を利用して、裁判を進めていきます。まずは原告が提訴します。裁判所に訴状を提出して、それが医療器安に送達されます。

日本の民事裁判では基本的に金銭賠償を原則としています。医療事故の被害を受けた方は必ずしもお金を欲しいと思っているとは限りません。もっと別のやり方で解決したいと考えることもあるでしょう。
しかし、日本では、基本的に患者側が医療機関側に損害賠償を請求するという形で裁判が進められていきます。そのため、後遺症に対する治療を求めたり、謝罪を要求することはできないのです。

その後は、被告側が答弁書を提出して、争点整理が行われます。原告と被告の言い分を確認して、何が争点となっているのかを明確にします。
また、証拠調べを行います。これは、原告と被告の言い分が異なっている点について調べます。この過程で、協力医が法廷に来て証言をすることもあります。医学的な知識を持った人達が証拠調べや鑑定をします。判決に至る前に和解が成立することもあります。
医療関係の訴訟は2年近くかかるため、通常の裁判よりも長いです。